少~し食べて、長~く続ける

 僕は車椅子生活を送る、自分で言うのもオコガマシイのですが、ちょっとイケメンの50代です。車椅子生活ですので、運動量は健常者の人と比べたら、ダントツに少ないです。http://efita2019.com/

車椅子生活になってからこの10年間で5キロほど体重が増えてしまいました。かかりつけの病院へ定期診察に行ったとき、主治医に「50歳過ぎたら、ごはんは居酒屋のお通しの器にちょこっとでいいんですよ」と言われ、ごはん(ライス)好きの僕は大ショックを受けました。でもこのままでは、どんどん体重が増えて、早死にしてしまうと思いました。

そこで一大決心をして、朝は、水をコップ1杯だけ飲み、お昼の弁当は、妻に頼んで、ライス抜きの、千切りキャベツとお惣菜の弁当。夜は、蒸留酒の晩酌と野菜や豆腐をメインとした、ライス抜きのメニューにしました。やり始めた頃は、朝何も食べないというのが辛かったですが、1週間も経つと気にならなくなりました。

さらに大好きなライスも食べなくても気にならなくなりました。そしてやり続けて2か月、なんと体重は4キロ減りました。嘘だと思われるかもしれませんが本当の話です。このダイエットを始めて9か月たちましたが、この食生活が定着し、体重も増えてはいません。たまに友人たちとの食事会などもしますが、そういう時は、みんなと同じように食べています。

リバウンドはありません。朝食はコップ1杯の水、お昼と夕食は、炭水化物抜きで、野菜を中心とした大豆食品や肉、魚などで、少し食べて、長く続けるダイエットをこれからも続けていきます。