ダイエットで脂肪を削る

ダイエットは要するに脂肪の削ろうということを意識することになるわけですが、まずそもそも自分の食べたものを入れるのにするというのはまずはグリコーゲンになります。すぐに使われるエネルギー源であるのがこのグリコーゲンであるわけですが、脂肪細胞となってしまうと貯蔵用のエネルギーとして使われることになります。http://efi2017.org/

そして、筋肉や肝臓のグリコーゲンが優先的にエネルギーとして使われることになりますから、体脂肪を減らしたい場合においては、グリコーゲンを使い切ってから、ということになります。

ですから、ちょっとだけ運動するということではまず脂肪細胞を消費していくということまで行かないということになってしまうわけです。ですから、ダイエットにおける運動というのは少なくともグリコーゲンの消費が終わって脂肪細胞のエネルギーも使わなければならないようなところまで持っていく必要があります。

それこそが20分とか30分とかの運動になります。まずはその単位で運動をするということを意識しましょう。それでこそダイエットというのは成功するということになります。

どんな運動でもよいのですが、踏み台昇降運動とかがお勧めできるのでやってみましょう。