肌の老化曲線は20代で落ちていた

年齢と共に、肌に出てくる症状が変わってきました。
現在30代の主婦をやっています。
20代の頃は少し乾燥していても化粧水を付ければ潤いを保てていたし、むしろつけなくてもハリのある肌でした。

ビューティーオープナージェル

寝不足の時の目下のクマも、次の一晩しっかり寝れば解決していました。
ですが、それは若さがあったから!
だんだん年齢と共に乾燥による小ジワ、肌のたるみ、目下のクマが色濃く出てしまうなどのトラブルが、目で見て分かるように。

正直10代の時は、20代なんて来ない。20代の時は、30代なんて来ない、という脳内お花畑でしたから。
結構好き勝手に食べたいものは食べるし寝る時間も適当でしたね!

私は大丈夫!という謎の自信。笑
きっとこんな私に共感してくれる人が数人はいるのではないかと思っております。笑

そんなこんなで、お花畑脳を持ったまま30代を迎え、そのままトラブったという状況です。
さすがにお花が咲いていた脳も、このままでは見た目年齢が実年齢を越えかねないと思ったので、しっかり摘み取ってやりました!

今は、しっかりとスキンケア+美容液を顔に乗せ、食事も大豆系を多く摂るようにしています。
あとしっかりと水も飲むようにしています。
老化曲線って実は20代ですでに下り坂だったんですね。

老化曲線を少しでも緩やかにするために、美容は一日にしてならず!
私の教訓になりました。