イチゴ鼻に悩んでいます

わたしは皮脂の油が多いのか、脂取り紙を使ってもすぐに使い切ってしまうほどです。特に鼻・小鼻は毛穴が開いてポツポツ黒ずんでイチゴ鼻になっているのが積年の悩みです。

ここ2,3年イチゴ鼻に効くという洗顔石鹸を使っていますがイマイチ効果が見られません。ネオちゅらびはだの効果や販売店での取り扱い状況を全解説!私の口コミと評価が衝撃的?

毛穴が開いた原因として考えられるのが若いころに夢中になって使っていた毛穴すっきりパックです。面白いように毛穴のポツポツが取れるので毎日のように使っていました。

この開いた毛穴に更に汚れが入り込んで黒ずんだと考えられます。

大人になってメイクを施した場合でも、ファンデーションがすぐに脂浮きしてしまい化粧崩れが頻繁に起こるのでそれも手間で仕方ありません。身体の中から改善した方が良いのかもと思い、砂糖を摂るのも控えたりしています。以前、不摂生がたたりジャンクフードやお菓子ばかり食べていたときは一層肌が汚くなり 毛穴も目立ちました。朝、コーヒーなどのカフェインを摂るのもやめにして白湯を飲んだりもしています。ただ、この方法だと効果が表れるのが遅いので本当に効いているのかは分かりません。パックや効果のある化粧品は目に見えて効果が判るのもあり気持ち的にもテンションが上がるのですが 逆効果で毛穴が更に開いてしまうこともあるので注意が必要です。

マスク着用によるお肌トラブル

新型コロナウイルス感染予防として、マスクの着用が常用化して2ヶ月以上たちました。マスクを着用するようになってから私自身お肌トラブルが増えており、また仕事仲間にも同じような意見をきくようになりました。具体的にはマスクのすれによってニキビがふえました。http://www.prestigeresortphangan.com/

とくにマスクのフチ部分の少し硬い部分と顔が接触するところや、マスクのゴム部分に沿ってニキビがいくつか連なって出来るようになり目立ってしまいます。またマスクによるスレで化粧がこすりつけられている感覚があり、毛穴詰まりも感じています。これもまたニキビの原因になっているように思います。着用したマスクの内側には、皮脂と化粧品が付着して汚く、これがずっとお肌にあたっているかと思うと不衛生に思ってゾッとします。

またマスク部分を中心に、乾燥するようになりました。当初は自分の息などで保湿されるように思っていましたが、実際はマスクにお肌の油がとられているようです。乾燥がひどくなり、ほうれい線も深くなってきています。

私は衛生面から不織布マスクを着用していますが、布マスクに変えるとお肌のトラブルが軽減された意見も聞きますので、導入を検討しています。マスク着用はまだ続きそうなので、ニキビと乾燥からくるお肌のトラブルが継続してしまいそうで、不安です。

乾燥とシミに悩んでいます

私は乾燥肌で元々色白なタイプです。ヴィオテラスCセラム
乾燥肌用の化粧水、乳液を使い、朝はぬるま湯のみで洗顔をする、など工夫をしていますが、夏でも乾燥して皮がむけてしまうこともあります。シミもそんなに多くあるわけではないのですが、年齢とともにどんどん出てきて、変えることもないので、これから増え続ける一方なのか、とため息が出てしまいます。

またシミ対策をしたくて美白系のスキンケアをすると、乾燥肌に合わないのか、顔がピリピリしたり、乾燥がひどくなることがあります。乾燥肌とシミを同時にケアしていくのは難しいのか?と悩んでいます。

乾燥肌とシミが気になっているので、もちろんファンデーションをぬってなるべくごまかしているのですが、乾燥が激しいのでファンデーションが浮くといくか…かさかさなのが余計に目立ってしまうんです。でもシミ対策のためには日焼け止め効果の高いものを塗らないといけないし…でもそういうタイプのものは肌への負担も強いのか、乾燥がより一層激しくなるし…と悪循環になっているように思います。

乾燥肌をケアしながら、シミを薄くしていくスキンケアアイテムを探しているのですが、なかなかないですし、あっても高額で…とても困っています。

冬の肌はやや乾燥するのが一般的

冬の肌はやや乾燥するのが一般的ですが、50代後半の冬シーズンでもまずまず健やかをキープしています。http://restaurantemanodesanto.com/

何故か秋のシーズンは肌の調子が低くくて角質がのこったりしたけれど、11月、12月時期からは快調そのもの、すべすべです。お正月明けまでは洗顔後の化粧水とエッセンス、クリームでしたが洗顔後すぐのブースター・エッセンスを使うようになってからさらに肌質アップ。年齢肌は毎日すべすべのすこやか、ボリューム感はもうちょっとふっくらがよいけれどまぁこれは程々回復でしょうね。

でもなめらかをキープしているのだからベスト、就寝時間は夜間10時からのシンデレラ・タイムでリズムを整えています。肌づくりは肌質にあった化粧品とちゃんとしたケア、それに生活リズムをよいベースにできたらアンチエイジングはさらさらです。