臭さは香水で改善するのはよくない

臭さの根本はどこにあるのか。プルーストクリームの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

それを知りたいところでしょうが、人間は生きているだけで臭くなるわけです。その為、毎日身体を洗うわけですが、研究によるとシャワーだけの人に入った人とちゃんと風呂入る人だと、明らかにシャワーをしただけの人の方が体臭が臭くなりやすいという研究があるそうなんですね。

シャワーだけでは表面の臭いしか落とせないとなるわけです。サウナなんかも実はよさそうですね。汗をしっかりと外に出して、その汗もしっかりと洗い流すことによって体の根本の臭さを消していく、流していくわけです。香水などで体そのものに臭い付けをするという手もありますが、はっきり言ってお勧めできないので自分自身の体臭を消すことに苦心したほうがよいです。

体質的な部分はありますがそれでも無臭に近づけることは出来るのでしょう。香水がお勧めできない理由は自分の体臭と交じり合って異常に臭くなる可能性が秘められているからです。自分ではそれがよくわからないことが多いで、自分ではよかれと思ってやったとしてもまわりにものすごく迷惑をかけている とがありますから、香水はほんとによくないことが多いです。少なくとも私はそうしています。香水は駄目です。

ワキガを持つ者の悩み

私は今年35歳になりますが、13歳くらいの頃にワキガだと自覚しました。プルーストクリームの効果

自分では、何か臭いを感じることはあってもそれをワキガというものだということがわからないまま、周りの同級生たちに自然と避けられるようになり中学時代は特にこれといったケアをせずに過ごしてしまいました。

高校に上がり、そのイメージをできるだけなくそうと思いその頃から制汗スプレーなどを使うようになりました。全然効果がなかったわけではなかったのですが、スプレーを使ったその場しのぎではどうにかなるものではないんだということに、卒業するまでに気づく事が出来ず、また周りから異質な目で見られて高校時代を過ごしました。

その後勤務先でも、普通に過ごしていても、ワキガの臭いにすぐ気づく人には散々悪く言われながら日々を過ごし、何も言い返せない自分はただ悲しみに明け暮れていました。

それでも何もしないと一向に事態は変わらないので、昔に比べて少しはケアできることは増えています。

私の場合、腋毛の処理をすることで臭いの原因を少しでも減らし、制汗スプレー、制汗リキッドを匂いが混ざって逆に気持ち悪くならないような組み合わせで使い、最後は一番基本的なことですが脇汗がついた後に服を放置しないことを気を付けています。

それでも気付く人はいますが、個人的にはそういう目で見られることは格段に減ったと思います。ただ被害者みたいに過ごすのではなくて、自分でできる範囲のことをしてみることも大事なんだと、年が経つにつれて意識が変わっていったように思います。